電話加入権とは|電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

東証マザーズ上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

業界最安値に挑戦 業界トップクラスの販売実績22万社!

  • お電話
    24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お見積り
    スピードお見積もり

電話加入権とは

電話加入権ってなに?ホントに必要なの?「電話加入権」について、どこよりもわかりやすく解説します!

  • 電話加入権不要で月額利用料も安い!
  • 固定電話番号がすぐ取れて!選べる!電話がすぐに使える!

一昔前まで、NTT加入電話と言えば当たり前のように必要とされていた「電話加入権」。しかし現在では、電話加入権という言葉を聞く機会は少なくなってきました。電話加入権ドットコムではそんな電話加入権について、どこよりも分かりやすく解説!電話加入権とはなにか、電話加入権は現在必要なのか、など電話加入権に関する疑問を紐解いていきます。

電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • スピードお見積り
    スピードお見積もり

電話加入権って何?

電話加入権とはNTT東日本、NTT西日本の加入電話回線を契約するための権利のことで、施設設置負担金といいます。
電話加入権の権利所有者は、工事費を支払うことによって電話の利用の休止をすることができます。休止の場合は5年ごとに更新の手続きが必要で、更新手続きを行わなかった場合は、NTT側でさらに5年間の自動延長手続きをしてくれます。

電話加入権のこと、どれだけ知ってますか?電話加入権の歴史

主な出来事
2005年 施設設置負担金36,000円に改定
1989年 工事負担金は施設設置負担金に改称。
1985年 日本電信電話株式会社(NTT)設立。
設備料は工事負担金に改称。
72,000円に改定。
1976年 設備料80,000円に改定
1971年 設備料50,000円に改定
1968年 設備料30,000円に改定
1960年 電話設備費負担金の廃止。
装置料は設備料に改称。
1952年 日本電信電話公社発足。
1951年 装置料を改定、
電話設備費負担臨時措置法の制定。
1948年 加入登記料を装置料に改称。
1925年 特別開通制度が発足。
設備負担金と工事負担金が掛かる。
1897年 電話加入権のはじまり。
加入登記料制度が発足。
1890年 電話事業開始。当時は電話加入権不要で電話の設置ができた。

▼電話加入権の歴史をもっとさかのぼる▼

昔は・・・

戦後復興時、アナログ回線の普及のために施設設置負担金がインフラ整備にあてられていた

戦後、NTT(旧日本電信電話公社)はアナログ回線の普及に必要な電線や電柱などを整備するための資金を、調達することができませんでした。そこで、施設設置負担金を支払った人に対して電話を引く権利(電話に加入する権利)を与え、その資金をインフラ整備にあてました。その結果、アナログ回線は全国的に普及し、日本中の広いエリアで整備されています。

電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • スピードお見積り
    スピードお見積もり

電話回線や固定電話には電話加入権が必要?

上記でも述べたように、日本では広いエリアでアナログ回線が普及しました。
しかし、現在ではNTTの電話回線を経由しないサービス(直収型電話)光ファイバー(ひかりIP電話)が登場し、電話加入権不要な新しい電話回線のインフラ手段として全国に広まっています。それら直収型電話やひかりIP電話の影響で電話加入権の必要性は薄れ、価値はないとまで言われています。では、本当に電話加入権は必要ないのでしょうか?

電話加入権は法人企業には必要だという声も!NTT加入電話は災害時のライフライン!?

  • 災害時、携帯電話やスマートフォンはほとんどつながらない
  • ひかり電話は停電時には使えない

NTT加入電話なら!災害時に停電しても電話基地局が無事なら電話が繋がります!

近年、新たな電話回線のインフラが登場したことで電話加入権に関する賛否両論の声がある中、東日本大震災時にはNTT加入電話での安否確認が取れた例も数多くあるようです。
災害時には、多くの人がスマートフォンや携帯電話から一切に安否確認の連絡を取ろうとするため、通信が制限されます。これによって電話がほとんど繋がらなくなってしまいます。
また、ひかり電話などの光IP電話に関しても、停電によって通信機器に電源を供給できなくなるため、使用が不可能になります。

一方、NTT加入電話は電話基地局に非常用発電設備などを備えているため、公衆網に供給する電気を確保することができます。つまり基地局が無事なら、よほど大きな災害でない限り電話が使えなくなることはありません。

※ACアダプター使用の電話機の場合、電話機が使えなくなります

>>続きを読む

じゃあ、加入電話をずっと使わないといけないの?できれば電話加入権不要な電話回線を使いたい…!
NTT加入電話には、電話加入権不要な加入電話ライトプランもございます!
メリットたくさん!電話加入権.comのことなら電話加入権.comにおまかせ!
> 電話加入権ドットコムのメリットはこちら
電話加入権.comなら 電話加入権(36,000円)不要な電話回線プランをご提案!
> 加入電話ライトプランや
電話加入権不要なオススメプランはこちら
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • スピードお見積り
    スピードお見積もり

電話加入権に関わる
新規契約や譲渡や休止などの各種手続き

NTTの電話回線を引くために必要な「電話加入権」は相続財産だということをご存知ですか?
価値という価値は今の時代そんなにありませんが、実は多くの人が財産だということを知りません。財産だということは当然「譲渡」「承継」「改称」も可能です。
その他にも電話加入権には「利用休止」「一時中断」などの手続きがあります。

新規契約

NTTの電話回線(アナログ回線、INS64回線)を引くためには、施設設置負担金(電話加入権)36,000円がかかります。さらに契約料として800円がかかり、電話回線を引くために必要な初期費用は合計36,800円となります。

加入電話に必要な初期費用
契約料 800円
施設設置負担金 36,000円
工事費 不要

※工事内容により工事費は異なります。料金は税抜価格です。

譲渡、承継、改称

電話加入権には譲渡、承継、改称という3つの手続きがあります。例えば、誰かに電話加入権を譲りたい、子供に電話加入権を引き継ぎたい場合は「譲渡」の手続きをすることになります。譲渡の場合、手数料が800円かかります。
親族が亡くなった場合に電話加入権を相続したい場合は「承継」、結婚や離婚等を機に名義を変更したい場合は「改称」の手続きを行う必要があります。

各種手続きに必要なもの

  • 譲渡(誰かに譲るとき)
  • 承継(相続するとき)
  • 改称(名義変更するとき)
譲渡にかかる費用
手数料 800円

※手数料は譲渡のみで承継と改称にはかかりません。
料金は税抜価格です。

利用休止、一時中断

起業・開業に伴うオフィスや店舗の新設・移転等で、NTT加入電話からひかり電話に同一番号で電話回線を乗り換える方が多くいます。その場合、電話加入権の「利用休止」の手続きをとることになります。利用休止の場合は最大10年間、電話加入権をNTTに預けることができます。また、何かしらの事情で電話を止めたいけれどいずれ同じ住所で電話をまた使いたい場合は、「一時中断」となります。これは中断しても毎月の回線使用料がかかり、工事費も2,000円~発生します。

利用休止 一時中断
継続期間 最大10年(5年更新) 無期限
回線使用料 かからない かかる
再利用時の電話番号 電話番号が変わる 電話番号が変わらない
電話を止める工事費 2,000円 2,000円~10,000円
電話再開時の工事費 2,000円~10,000円 2,000円~10,000円
利用休止
継続期間 最大10年(5年更新)
回線使用料 かからない
再利用時の電話番号 電話番号が変わる
電話を止める工事費 2,000円
電話再開時の工事費 2,000円~10,000円

※工事内容により工事費は異なります。料金は税抜価格です。

一時中断
継続期間 無期限
回線使用料 かかる
再利用時の電話番号 電話番号が変わらない
電話を止める工事費 2,000円~10,000円
電話再開時の工事費 2,000円~10,000円

※工事内容により工事費は異なります。料金は税抜価格です。

電話加入権.comならお客さまのご要望に合わせた電話回線プランをご提案

「電話加入権不要でとにかく安く電話を使いたい」「とにかく急いで電話番号が欲しい」などのご要望はおまかせください!電話加入権ドットコムならお客さまのご要望を細かくヒアリングし、最適なプランをご提案します!電話に関することならお気軽に何でもご相談ください。

電話加入権.comなら!あなたに合ったプランを見つけられます!

  • 電話加入権不要で月額利用料も安い!
  • 固定電話番号がすぐ取れて!選べる!電話がすぐに使える!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • スピードお見積り
    スピードお見積もり

ページTOP