東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

直収電話って何? | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

電話回線種別

2016-12-12(月)09:27 更新

直収電話って何?

直収電話って何?


直収電話という回線サービスがありますが、実際に利用している企業はどれくらいあるのでしょうか。実は、通常の電話回線よりもグッとおトクなこともけっこうあるようです。直収電話について考えてみましょう。

NTT東日本/西日本以外の会社のサービス

通常、アナログの固定電話はNTT東日本/西日本の通信設備を使って固定電話の通話を行いますが、直収電話はNTT東日本/西日本の回線を通さずに、例えばソフトバンクグループのソフトバンクテレコムなどNTT東日本/西日本以外の通信事業者が提供している固定電話サービスのことを指します。

直収電話以外にも直加入電話や地域系電話と呼ばれます。現在、この直収電話のサービスを提供している通信事業者は、上記のソフトバンクテレコム「おとくライン」のほか、NTTコミュニケーションズやJ:COMなどがあります。

これらは、基本的にインターネット回線の契約者以外のサービスになりますが、NTTコミュニケーションズなど光ファイバー回線を利用したサービスも登場しています。

こういった回線種別が異なる直収電話も含め、中小企業や個人企業(SOHOなど)向けに提供されているようです。
この直収電話にするメリットは、月額の基本料金がNTT東日本/西日本のアナログの固定電話回線よりも安いということです。

さらに言えば、NTT東日本/西日本が提供する付加サービスの利用料金も、直収電話を提供する通信事業者のサービスのほうがオトクなケースも多いようですね。

通信する会社の回線を発信ごとに選べるのはマイライン

上記の直収電話サービスというのは、すべてNTT東日本/西日本との契約が不要だということです。これに対し、通信する会社の回線を発信ごとに選ぶことができ、基本料金は従来通りNTT東日本/西日本に支払うサービスは「マイライン」です。直収電話は基本料も含め、支払いはすべて契約した通信事業者に一本化できるメリットがあります。

つまり、これまでマイラインで複数の通信事業者から請求が来ていて煩雑だった支払いが、直収電話に代えることでひとつにまとめられ、契約者は複雑な支払いに悩まされることがなくなります。

そして、包括的な契約で基本料金も安くなることがありますから、そういったメリットも非常に大きいといえるでしょう。
電話手配の専門家への無料のお見積・お問合わせはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

今さら聞けない「電話加入権」加入権について、どこよりもわかりやすく解説します!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP