東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

固定電話は全てインターネット回線に移行される? | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

業界最安値に挑戦 業界トップクラスの販売実績22万社!

  • お電話
    24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お見積り
    スピードお見積もり

固定電話・電話加入権 お役立ちガイド!!お役立ち情報満載!

電話加入権についてや申込み方・導入事例、固定電話の料金、電話設置に関してなど…

2017-06-20(火)09:51

固定電話は全てインターネット回線に移行される?

Category:
電話回線種別

固定電話は全てインターネット回線に移行される?

固定電話は、かつてはアナログの回線によって結ばれていました。現在も電話回線のかなりのウエイトを、アナログ回線が占めています。しかし政府は近い将来、電話回線は全てインターネット回線にすべしという方針を打ち出しました。いったい、これはどういうことなのでしょうか。

2025年をめどにインターネット回線へ移行

政府の有識者による会議が行なわれ、アナログの固定電話による通信網(いわゆる電話回線のことです)を、2025年ごろをめどに、インターネット技術を使った回線へと置き換えるという方針を決めました。なぜこういうことになったのでしょうか。その最大の要因と見られているのが、携帯電話の普及です。

携帯電話が普及してから、固定電話の利用者が徐々に減ってきました。そしてアナログの電話回線に関して言えば、NTT東日本/西日本の電話基地局にある交換機が老朽化しており、その維持が難しくなっているそうなのです。実際のところ電話基地局にある交換機は1980年代に導入されたものが多く、すでに40年近くが経過しているわけで、老化するのも当然だといえるでしょう。

そこで上記のような有識者たちは、アナログ専用の交換機を使った電話網から、現在一般的になっているインターネット向けの機器を使った回線へと切り替えるべきという結論を出したわけです。交換機が老朽化したから回線を移行しようというのは、一般の方が引越しのタイミングでアナログ回線から光インターネット回線へと乗り替えるのに似ていますよね。

これまでの電話機などはそのまま使える見通し

この移行で懸念されていることは、従来使っていた電話番号が、回線の移行によって変わってしまうのではないかということです。このタイミングで電話会社も乗り替えたいという方もいると思いますが、安心してください。固定電話の事業者同士の競争を促すことを目的に、携帯電話と同じく、他の事業者に乗り替えても電話番号を変えなくてもすむ番号ポータビリティー(NMP)も導入されるそうです。

また、インターネット回線へと移行された後の固定電話料金については、これはNTT東日本/西日本が距離別の考え方をなくしていく方向で検討しているそうです。

簡単に言えば、長距離通話も現在の市内通話料金より安くするといった料金体系にしていくそうなのです。これが本当だとすれば、ユーザーにとっては喜ばしいことです。ちなみに、一般家庭と電話基地局の交換機までは従来の回線を使うことができるので、今使っている電話機はそのまま使えるということになります。

IP電話の中でも人気!ひかり電話のプランはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

今さら聞けない「電話加入権」加入権について、どこよりもわかりやすく解説します!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP