東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

現在の固定電話における回線の種類 | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

電話回線種別

2015-04-28(火)18:26 更新

現在の固定電話における回線の種類

現在の固定電話における回線の種類

大きく分けて「アナログ」「デジタル」の2種類

固定電話の回線について考えてことがありますか。技術の進歩で、電話の回線も続々と新しい種類が登場しています。もう何がなんだか分からないという人も多いのではないでしょうか。しかし、電話回線の種類は通話やインターネットの基本となる大事な話なのです。それでは、ここでは電話回線の種類と、その特徴について説明していきましょう。

固定電話の回線は大きく「アナログ回線」「デジタル回線(ISDN)」の2種類に分けられます。ちなみに、インターネットの回線でよく耳にする「ADSL」というのは、実はアナログ回線を利用した通信技術のことを指しますので、厳密には回線には入りません。ここが、電話回線の種別を分かりにくくしてしまう原因でもあるのです。というわけで、この3種類についてそれぞれ特徴を見ていきます。
固定電話回線種類

それぞれに加入権を絡めたプランがある

まずはアナログ回線です。最も歴史が古く、ダイヤルの黒電話時代から使われています。銅線(メタル線)を使用し、NTTと自宅をつなげる回線です。すごく簡単に説明すると、人間の音声を銅線を伝って相手に届けるという原始的な仕組みなのです。なお、固定電話の契約には電話加入権が必要な「加入電話」、電話加入権不要の「加入電話・ライト」というプランが用意されています。
アナログ回線のプランご紹介はこちら>

デジタル回線(ISDN)も、実はアナログ回線で使う銅線を利用します。アナログ回線は音声が銅線を伝わるのですが、デジタル回線の場合は0と1というデジタル信号に変換された音声が銅線を伝わって行く仕組みです。このメリットは音声がキレイに聞こえ、より多くの情報を送ることが可能になることです。具体的には銅線1本で2回線取ることが可能になります。この回線を利用した固定電話のプランには施設設置負担金が必要な「INSネット64」、施設設置負担金が不要の「INSネット64・ライト」があります。
ISDN回線のプランご紹介はこちら>

「光ファイバー」が登場

そして上記2種類以外に、近年急速に発展してきた光ファイバーによる光回線があります。これは光ファイバーというガラス線の中を、光が走って行く技術です。デジタル信号を光の点滅で音声や情報を送るというもので、従来のアナログ/デジタル回線とはまったく異なる技術なんですね。世の中で最も高速な移動が可能なのは光なので、今後すべて光ファイバーによる回線に切り替わっていくでしょう。ただし、ただし、これは銅線と比べて高価なので一斉に切り替わるというわけにはいかないようですね。
ひかり電話のプランご紹介はこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

今さら聞けない「電話加入権」加入権について、どこよりもわかりやすく解説します!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP