東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

光コラボレーションモデルって何?(2) | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

インターネット

2016-01-14(木)12:15 更新

光コラボレーションモデルって何?(2)

光コラボレーションモデルって何?(2)

光コラボレーションモデルって何?(2)

光コラボレーションモデル(光コラボ)の今を見つめる当コラム。前回に続いて、今回は「ソフトバンク光」です。こちらも携帯電話のキャリアとして知名度を高めましたが、光回線もサービス提供していたのです。これはどんな光コラボなのでしょう。

まずはソフトバンク光を知っておくべき

大手携帯キャリアのソフトバンクも、NTT東日本/西日本「フレッツ光」とのコラボ回線である「ソフトバンク光」を開始しました。

このソフトバンク光の目玉は「スマート値引き」です。これについては後述するとして、まずはソフトバンク光がどういうものなのか説明していきますね。

ソフトバンク光とは、NTT東日本/西日本のフレッツ光を提供するサービスなのですが、実はこの価格設定がかなり安価になっていますよ。集合住宅向けで3,800円、戸建てでも5,200円です。

集合住宅向けの料金が特に安価な設定になっているのが特徴です。このソフトバンク光に加入し、しかもすでにソフトバンクの携帯電話やスマホを利用している場合に利用できるのが「スマート値引き」ということになるのです。

「スマート値引き」でスマホもお得になる?

さてこのスマート値引きですが、正確に言うと対象となる固定通信サービスとソフトバンク携帯電話向けプランである「スマ放題」のデータ定額パック、ホワイトプランをセットで割引くものです。

月額利用料金から2年間で最大2,000円を割り引くもので、3年目以降は最大で1,008円の割引きとなっているサービスです。ちなみに3Gの携帯電話を利用している人は、スマ放題に加入しなくてはいけません。

また、ソフトバンク光に加入するケースでは「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「ホワイト光電話」という3つのオプションを契約する必要があります。オプション料金は月額で1,924円かかるのですが、固定通信サービスでも最大で月額1,424円の割引きが適用されますので、実質的500円でオプション加入できるというわけです。

なお、スマート値引きの割引きは対象プランによって額が異なり、スマ放題の場合はデータ定額パックの大容量に属する場合で最大2,000円の割引き、標準で1,522円、小容量または3G携帯で500円の割引きとなります。ホワイトプランでは最大で500円の割引きとなりますよ。

電話手配の専門家への無料のお見積・お問合わせはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

電話とセットならネットもおトク!初期費用と月額利用料が大幅割引!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP