東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

光電話の契約に電話加入権が必要となる日 | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

インターネット

2018-02-19(月)10:28 更新

光電話の契約に電話加入権が必要となる日

光電話の契約に電話加入権が必要となる日


近い将来、光電話が固定電話の中心となることが予想されています。となると、今度は光電話への加入に電話加入権が必要となる日が来るのかもしれません。

もともとは「施設設置負担金」だから光インターネットにも…

以前このコラムでも少し触れた、電話回線がすべてIP電話へと置き換わるという話ですが、ちょっと掘り下げて考えてみましょう。現在、アナログの固定電話回線はPSTN(Public Switched Telephone Network)という通信網を利用しています。

これを光ファイバー回線など高速のインターネット回線を利用したIP網と呼ばれるシステムへ置き換えられるのが2025年というのが、NTT東日本/西日本と総務省の方針だそうです。

具体的には2020年ごろまでに現在のアナログ電話回線などのサービスを整理したり、統廃合を進めていき、2025年ごろまでにすべての電話サービスをIP網へと移行する考えだそうです。

なぜ、このような計画が持ち上がったかというと、NTT東日本/西日本が基地局で使用しているアナログ電話回線の交換機が2025年ごろに寿命を迎えるからです。

アナログの固定電話回線が廃止されてしまうと、電話加入権はどうなるのでしょうか。これはあくまで予想の範囲ですが、電話加入権自体が光電話を引くための権利へと移行されてしまうのではないかと思われます。

もともと電話加入権とは、NTT東日本/西日本が全国にアナログの固定電話回線を広く敷設するための資金として、電話の利用を希望する人から施設設置負担金を募り、インフラ整備の資金に充てていたという経緯があります。

現在では、ほぼ全国的にアナログの電話回線が張り巡らされているため、こうした施設設置負担金は不要という声もあります。しかし、光ファイバー網はまだこれから敷設していくインフラのため、いつ光ファイバー回線を敷設するための資金を求められるかわかりません。

つまり、光電話を引くための電話加入権が登場する可能性は、ゼロとは言いきれないという見方が広がっているのです。

いま持っている電話加入権は保持しておくべき

こうした状況において、電話加入権を所有していない場合、新規に光電話を設置しようとする際に電話加入権が必要となる時代が来るかもしれません。現在はアナログ固定電話のために必要な電話加入権が、光電話のために必要となると市場で取引されている価格が上昇するかもしれませんよね。

今、電話加入権をお持ちの方は保持しておくべきでしょうし、所有していないなら価格が安い今のうちに購入していくことをオススメします。電話加入権ドットコムなら、安くて安全な電話加入権の購入が可能です。お求めの際はぜひご相談ください。

\この記事を読んだ方におすすめ!/

電話とセットならネットもおトク!初期費用と月額利用料が大幅割引!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP