東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

NTTの加入電話について考える(5) | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

加入権について

2016-06-01(水)11:44 更新

NTTの加入電話について考える(5)

NTTの加入電話について考える(5)


財産として扱われている電話加入権ですが、実際のところ、現在ではその資産価値はほとんどないに等しい状態です。それであれば、持ち続けるのが良いのか、それとも加入権を必要としないライトプランにするべきなのか考えてみましょう。

電話加入権は今や数千円で取り引きされている

NTT東日本/西日本のアナログ固定電話には、電話加入権が必要なプランと不要な「ライトプラン」の2種類があることは当コラムで繰り返しご説明してきたとおりです。

この電話加入権とは、正式には「施設設備負担金」といい、簡単に言えばNTT東日本/西日本がアナログの電話回線(銅線)を全国に敷設していくためのインフラ整備に充てられるといった類のものです。

この電話加入権は現在、NTT東日本/西日本で購入すると36000円(税抜)となります。

ちなみに以前は72000円(税抜)でしたが、2005年に値下げされて半額となりました。
ただ、現在はNTT東日本/西日本だけでなく、取り引き専門業者で中古の電話加入権を購入することもできます。

中古なら、数千円程度で購入することも可能のようです。しかも業者によっては無料で用意することもあるので、急に電話加入権が必要となって、こういった業者を選ぶ人もいるようですが、トラブルがないとは言い切れませんのでオススメはできません。

ちなみに、前述のとおりNTT東日本/西日本のアナログ固定電話には、電話加入権が必要なプランと、不要な「ライトプラン」があり、電話加入権が不要のライトプランは月額の基本料金が少し割高になっています。

ライトプランは月額250円高い

アナログの固定電話(加入電話)の通常のプランとライトプランの料金の差は月に250円ほどです(利用状況によって多少の違いはあります)。

単純計算すると、年間3000円の違いが出ます。つまり、仮に電話加入権を3000円で購入できたとすれば、2年目からは電話加入権を持っているプランのほうがオトクになるというわけです。

このあたりが電話加入権を購入すべきか、それともライトプランにするべきかの選択ポイントになってきます。

ただ、気をつけたいのは、近い将来に電話加入権は廃止されるのではないかという噂があるということです。

万が一そうなってしまえば、電話加入権はただの紙切れとなりかねません。ただ、それは大企業等の事情がありますし、仮に電話加入権が廃止されてしまったらライトプランに統合されるでしょう。

こういった状況も考慮するなら、一番オススメなのは電話加入権を安価で用意できる電話加入権ドットコムに依頼するということになりますね。
電話加入権ドットコムへの無料のお見積・お問合わせはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

必要ですか?その加入権 加入権不要のおトクな固定電話はこちら
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP