東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

起業するなら安く電話加入権を入手する | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

加入権について

2015-11-16(月)08:00 更新

起業するなら安く電話加入権を入手する

起業するなら安く電話加入権を入手する

 起業するなら安く電話加入権を入手する
IP電話にすることを考えても、起業に際して電話がなければ話になりません。その電話を引くには電話加入権が必要となる制度があります。

それなら、なるべく安く手に入れるほうが、起業後の運転資金に回せて有利です。しかし、NTT東日本/西日本から定価で購入するのは迂闊と言わざるを得ません。

NTTから直接購入するのは得策ではない

電話加入権の特徴として、譲渡や売買が可能であるという点が挙げられます。電話加入権を保持している人は電話を使わなくなった場合、NTTに利用休止の手続きをすれば転売することができるのです。

実際、解約した人から買い取って新規に電話を引きたい人に売却するといった業者も存在しており、こういった業者から電話加入権を購入すれば、NTT東日本/西日本へ施設設置負担金を支払わなくても電話回線を使用できるようになります。

こういった業者から電話加入権を購入することのメリットは、何といってもNTTに支払わなければならない施設設置負担金よりも、はるかに安い金額で電話加入権を入手できることです。

具体的には、電話加入権を取得するためにNTT東日本/西日本に支払う施設設置負担金は36,000円ですが、現在では電話加入権が中古市場に多く出回っているので、数千円で売買されている実態です。

なぜ安い値段で取り引きされるかというと、携帯電話などの普及によって固定の加入電話を使う人が減少傾向にあり、それによって電話加入権の価値が下落しているからです。

電話利用権の取得には業者を積極的に利用する

だから、こういった業者を利用すればNTT東日本/西日本正規の金額より1/10ぐらいの価格で入手できるのです。

その後の基本使用料なども併せて考えれば、これはNTT東日本/西日本のライトプランを契約するよりもはるかにオトクなのです。起業してビジネスを始めるため固定電話を設置したいと考えているなら、電話加入権を取り扱い業者から購入するのが一番です。

特にビジネスホンなど、より数多くの回線が必要となる企業なら積極的に取り扱い業者を活用したいものですね。こうした利用休止状態の電話加入権や解約されている電話加入権の購入なら、電話加入権ドットコムにお気軽にご相談ください。きっと、ビジネススタートのお役に立てます。
電話加入権ドットコムへの無料のお見積・お問合わせはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

必要ですか?その加入権 加入権不要のおトクな固定電話はこちら
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP