東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

「光コラボ」でひかり電話に乗り替えよう | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

サービス

2017-04-10(月)11:53 更新

「光コラボ」でひかり電話に乗り替えよう

「光コラボ」でひかり電話に乗り替えよう

NTT東日本/西日本の光インターネットサービス「フレッツ光」には、ひかり電話という固定電話サービスが用意されています。低価格で高速接続なのが人気ですが、最近では「光コラボ」というサービスもあるようです。さあ、光コラボでひかり電話に乗り替えましょう!

光コラボって何?

「光コラボ」とは光コラボレーションの略で、NTT東日本/西日本が提供している光インターネットサービス「フレッツ光」を希望する事業者が提供を受けて、そのフレッツ光の速度や品質そのままに、それぞれ独自のキャンペーンやサービスを付加した光インターネットサービス商品のことを指します。

重要なのは、NTT東日本/西日本から利用者に直接提供されていたサービスが、各事業者を介して提供されるという点です。

つまり、光コラボで使われる光インターネット回線は、NTT東日本/西日本の「フレッツ光」とまったく同じ回線だということです。

従って、これまでNTT東日本/西日本のフレッツ光を利用していたユーザーが光コラボに乗り替える場合、フレッツ光の設備をそのまま使うため「転用」という呼ばれ方をします。

転用については、新規契約と異なり回線工事やモデムの交換などは不要となります。しかもフレッツ光をこれからも利用するため、NTT東日本/西日本にフレッツ光解約の違約金は発生しないのです。

つまり、各事業者のキャンペーンやセット割などによっては、気軽に光インターネット回線を乗り替えることが可能となるわけです。

光コラボ事業者の選択は重要

各事業者が独自の光インターネット回線を提供することによって、どんなメリットがあるのでしょうか。まず、それぞれの事業者がオリジナルのサービスを付加できるという点です。

たとえば携帯通信事業者が提供する光コラボなら、その携帯電話とのセット割が提供されることで、かなりお得になることも多いのです。そして、これまでNTT東日本/西日本が独占事業として光インターネット回線を提供してきたわけですが、これをさまざまな事業者に卸すので、企業者間で価格競争が発生しています。

なお、現状では光コラボ事業者としてインターネットサービスプロバイダー(ISP)や携帯通信事業者、ケーブルテレビ会社などが多いようです。各事業者で月額利用料やモバイル端末とのセット割、キャッシュバック金額などが異なります。ご自身の利用状況に応じて、最適な光コラボ事業者を選択したいですね。

電話手配の専門家への無料のお見積・お問合わせはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

固定電話を快適・便利に使いたい!まだまだあります!便利なオプション
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP