東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

電話回線のトレンドがわかる「電話ナウ」(2) | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

サービス

2015-07-16(木)11:34 更新

電話回線のトレンドがわかる「電話ナウ」(2)

電話回線のトレンドがわかる「電話ナウ」(2)

電話回線トレンド
インターネットとの回線シェアが可能な「ひかり電話」は、これからのメインストリームになるかもしれませんね。また、実はあまり知られていないけどオトクな「直収電話」という回線があるのも見逃せないですね。

高速インターネット回線を利用する「ひかり電話」

ひかり電話というは、光ファイバー回線を利用したIP電話サービスのことをいいます。従来のIP電話と違うところとしては、まず電話番号が違うという点が挙げられます。通常のIP電話は市外局番が「050」で始まる番号が割り当てられます。これに対し、ひかり電話は一般のNTT加入電話と同じ市外局番から始まる電話番号も利用することができるという特徴があります。
また、従来のIP電話は「110」や「119」などの緊急通報用番号へ発信することができません。しかし、ひかり電話では、これらの番号に発信することができるようになっただけでなく、一般のNTT加入電話と同じような付加サービス(転送サービスなど)の提供も受けることができるのです。
ただし通話料金はIP電話とは異なり、ひかり電話同士で通話しても通話料が発生するほか、従来のIP電話と同じく停電時になると通話できないといったデメリットがあります。
ひかり電話は、従来の一般的なNTT加入電話と比べると、同じようなサービスが受けられ、しかも通話料などコスト面で有利であることは確かです。インターネットも光回線にインフラが移行しつつありますので、これからのメインストリームになるでしょうね。
ひかり電話のプランはこちら>

あまり知られていないオトクな「直収電話」

通常のNTT加入電話と同じ市外局番から始まる番号が利用でき、しかもNTT加入電話とほぼ変わらないサービスが受けられるのが「直収電話」という回線です。NTT加入電話を引く際に必要な施設設置負担金が不要で、基本料金も低く抑えられています。国内で提供しているサービス会社としては、ソフトバンクテレコムの「おとくライン」やJCOMの「JCOM PHONE」があります。当然、電話機なども従来の加入電話と同じものがそのまま使えます。
ただ、一部の電話番号にかけられないほか、直収電話を提供している会社以外のマイラインサービスなどが受けられないというデメリットはあります。こちらはインターネット回線が不要で、固定電話をなるべく安く利用したい人に向いています。
アナログ回線のプランご紹介はこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

固定電話を快適・便利に使いたい!まだまだあります!便利なオプション
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP