東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

起業するなら固定電話は必要になる | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

業界最安値に挑戦 業界トップクラスの販売実績22万社!

  • お電話
    24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お見積り
    スピードお見積もり

電話設置

2016-01-01(金)08:00 更新

起業するなら固定電話は必要になる

起業するなら固定電話は必要になる

 起業するなら固定電話は必要になる

事業を立ち上げて起業しようという人は夢があっていいですね。でも、起業するにあたって、まずは電話がなければ話になりません。それでは、固定電話と携帯電話のどちらがいいのでしょうか?

SOHOにはまず固定電話ありきと心得よ

SOHO(Small Office Home Office)を起業する際に必要な環境といって、まず何が必要かというと、起業・副業に関わらず電話番号とFAX番号です。

そして、次がインターネット環境、つまり通信インフラということになります。今は逆なのでは、と思うかもしれませんが、まずは電話番号なのです。

そう、仕事用の固定電話番号は開業には必須なのですよ。このご時世、携帯電話があれば十分で、わざわざ固定電話を持つことに意味があるのかと思う方もいるかもしれませんね。ですが、事業の形態にもよりますが、取引相手側からすればSOHO事業者に仕事を依頼するのは多少のリスクを感じているのです。

SOHOなど個人事業者の中には社会常識に欠けた人も少なからず存在し、こういう人に依頼してしまったため仕事に穴を開けられてしまうといったリスクを取引相手は恐れているのです。

このため、例えば無料回線とすぐにわかる050の番号や携帯電話の番号、電話を掛けてみたら家族と供用の一般電話だったなど、いかにも片手間の雰囲気がする人とは取り引きを避ける傾向があります。

こういう時にきちんと仕事用の固定電話やFAXを用意している人なら、初めての取引相手として選ぶのは当然のことといえます。

肩書って意外と大事

また、残念なことにSOHOという言葉自体があまり良いイメージを持たれていないケースもあります。

SOHOなどの個人事業者は採算の合わないような安い価格で仕事を引き受け、相場が下がって困るとか、素人同然の個人事業者が無理な仕事を引き受けて結局放棄し、業界の信用が下がったなどの意見がけっこうあり、大手企業であればあるほど個人事業者との取り引きを避けたがる傾向があります。

つまり、実績も肩書きもない個人事業者こそ、きちんとした電話番号が必要なのです。そもそもインターネットで何らかの商行為をするなら、特定商取引法に基づいてサイト内に販売業者名、住所、電話番号などを表示する義務があります。その意味でも、ビジネス用の電話番号を導入するのは初歩中の初歩なのです。

さあ、迷っているなら電話加入権ドットコムにご相談ください。安く、迅速にSOHO向けの電話番号をご用意いたします。

電話加入権ドットコムへの無料のお見積・お問合わせはこちら>
電話回線プランの比較表はこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

電話を使えるようにするには?知らないと損をする!?早くて安い固定電話
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP