東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

固定電話はSOHOの必須アイテム | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

電話設置

2017-02-01(水)12:35 更新

固定電話はSOHOの必須アイテム

固定電話はSOHOの必須アイテム


SOHO(Small Office Home Office)は、いわゆる数人程度の小規模なオフィスです。それなら携帯電話があれば十分という考えは、実は間違いと言わざるを得ません。なぜでしょう?

信用を得たいなら固定電話を設置するのは当たり前

SOHOとして起業に必要な環境はなんでしょうか。

起業、副業に関わらず、ビジネスを始める場合に必要な環境として、まずは電話番号とFAX番号が必要になります。その次にインターネットネット環境です。

簡単に言えば、通信インフラの確保ということになります。
まずは電話番号ということに驚かれるかもしれませんが、ビジネス用の固定電話の番号は必須です。「携帯電話やスマホが全盛のこのご時世に、どうしてわざわざ固定電話を持つ必要があるのか」という声が聞こえてきそうですね。確かに実務上は、SOHOレベルではスマホや携帯電話で十分です。

しかし、やっぱりビジネス用の電話番号は必須だと言わざるを得ません。
ビジネスの形態にもよりますが、取引先にとってSOHO事業者というのは仕事を頼むことにリスクを感じているのです。

残念ながらSOHO事業者の中には、社会常識に欠けた人物も少数ながら存在します。取引先は、こういったSOHO事業者に仕事を依頼し、仕事に穴を開けられてしまったり、期待したほどの成果物を得られなかったという苦い経験が少なからずあるそうです。

その取引先が、相手となるSOHO事業者を何で判断するかというと、携帯電話の番号しか名刺に記載されていない等、しっかりオフィスを構えていないのでは?という雰囲気がすると、不安になるそうです。これに対し、しっかりビジネス用の固定電話、FAXを用意しているSOHO事業者なら、初めての取り引きでも安心して任せられるというケースも多いとのことです。

固定電話の番号を持っているだけで、これほど相手からの信用が違ってくるというわけです。

名刺に固定電話番号を記入しておけば仕事も増える?

上記のことからも、実績も肩書きもないSOHOなど個人事業主こそ、信用を得るためにも固定電話の番号が必要になるのです。

さらに言えば、使用頻度が低くてもFAX番号も入れておきたいですね。名刺に固定電話の番号とFAX専用番号が記載されていれば、この人は仕事慣れしているという印象を与えることが可能で、相手からの信用がさらに上がります。

ただ、固定電話を導入するためには手続きが煩雑そうだし、コスト面でも不安を持つ方もいるかもしれませんね。電話加入権ドットコムなら、SOHOビジネスを始めるまでの通信インフラ構築をお手伝いが可能です。

事務所(オフィス)でオススメの電話の使用方法はこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

電話を使えるようにするには?知らないと損をする!?早くて安い固定電話
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP