東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

電話機端末を購入してから通話できるまで | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

電話機

2015-04-23(木)18:13 更新

電話機端末を購入してから通話できるまで

電話機端末を購入してから通話できるまで

電話を使うには手続きが必要

新居に移ったら、電話回線の設置を検討することになります。近年は携帯電話があれば固定の加入電話は必要ないという人も増えていますが、作業業者に伝える連絡先や、子供の学校の連絡網などで必要と考えている人がいます。

以前使っていた電話機でもいいですし、心機一転で新たに電話機を購入する場合でも、まずは新居に固定電話を設置しましょう。通常、集合住宅の部屋にはNTTに電話回線とつながるモジュラージャックの差込口が設置されています。現在では電話機の設置は、電話機のケーブルの先を、そのモジュラージャックに差し込むだけでいいのです。ただし、気を付けなければならないのは、設置すれば電話が使えるわけではないということです。それでは、電話機を設置してから通話できるまでの手順をご紹介しましょう。

開設するまでにかかる費用は?

電話開設に掛かる料金
NTT東日本/西日本に加入電話の申し込みをします。ホームページの申し込みフォームに従って申し込むか、局番なしの「116」番に連絡しましょう。初期費用は加入電話が契約料800円と施設設置負担金36,000円で、工事費は不要です。加入電話ライトは契約料800円と工事費2,000円のみで、施設設置負担金は不要になります。

回線使用料は住宅用で加入電話が1級局と2級局が1,600円、3級局が1,700円です。一方、加入電話ライトは1級局と2級局が1,850円、3級局が1,950円となります。ちなみに、この1級局や2級局というのは、NTT収容ビル(電話局や交換局)一局あたりの加入者回線数の序列で、加入者数が多い順番になっています。そして、加入者が多い局ほど基本使用料も高くなります。

開設までの道のり

申し込みが済んだら、電話番号が発行されます。そして、電話工事日を決めることになりますが、基本的には平日の9~17時の間で工事が可能となっています。なお、土・日・祝日に工事を希望する場合は、別途相談が必要となります。電話工事は30分~1時間ほどで立ち会いが必要となり、開通の確認などが行なわれます。そして、工事完了後に電話やファックス等が使用可能となります。これで、はれて固定電話が開通することになります。

法人・店舗の方限定!弊社にお問合わせいただいた場合の電話の開通までの流れのご紹介はこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

今さら聞けない「電話加入権」加入権について、どこよりもわかりやすく解説します!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP