東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

固定電話はひかり電話に変わる | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

電話回線種別

2015-06-26(金)14:14 更新

固定電話はひかり電話に変わる

固定電話はひかり電話に変わる

固定電話はひかり電話へ

もはや固定電話はアナログ回線だけだ、という時代ではありませんよね。私たちにとって、インターネットを駆使したコミュニケーションは欠かせないものとなりました。日々の生活でも、その影響は大きいことを実感されていると思いますし、流行や文化の発信もインターネットからという時代になったのです。
それに伴い、インターネット接続も日進月歩で進化してきました。従来のアナログ回線を利用したダイヤルアップ接続から、2本の信号線という特徴を利用した接続切替型のISDN回線、さらに従来のアナログ回線を使ってブロードバンドという技術の応用で誕生したADSLと、より速く、より大容量のデータ送信へと進化してきたのです。
そして、ここに来てまったく新しい回線が台頭してきました。光ファイバーの回線を使った光回線です。その名の通り、光の速さで通信可能な高速インターネット接続回線は、私たちにインタラクティブなコミュニケーションを可能にしてくれました。そして、その光回線を利用した「ひかり電話」も高音質で安定性を増してきたのです。これからの時代を見据えて、自宅の固定電話も「ひかり電話」へ切り替えるタイミングが到来したのです。

基本料や通話料が安く、ネット接続も速いひかり電話

ひかり電話は、通常の基本料金が500円というのが大きなメリットです。このほかに、当然ですが光インターネットの接続基本料が1,900円必要となり、合計で2,400円が月額使用料となります。これに比べ、従来のアナログ電話回線の基本料金はライトプランで2,750円(3級局・事務用)で、フレッツADSL電話共用型モアⅢのインターネット回線の基本料金は2,800円となり、合計すると5,550円となるのです。倍以上も違いますね。しかも、インターネットの接続スピードは比較にならないほど光回線のほうが高速です。
さらに、ひかり電話にする最大のメリットは通話料です。通話相手が固定電話なら、全国どこへかけても一律8円/3分で済みます。NTTのアナログ回線を使った加入電話が、県外の固定電話にかけた場合40~80円/3分ということを考えると、ひかり電話に変えない理由がありませんよね。

電話番号をそのまま使うなら電話加入権ドットコムにおまかせ

でも、電話番号が変わってしまうのではないかと不安な方もいるかもしれません。でも、電話加入権ドットコムなら大丈夫です。固定電話番号ポータビリティサービスを利用すれば、現在お使いの電話番号そのままで、ひかり電話へと移行が可能です。さあ、今すぐ光インターネットとひかり電話に変えましょう!

ひかり電話とインターネットのセットプランはこちら>
電話加入権ドットコムへの無料のお見積・お問合わせはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

今さら聞けない「電話加入権」加入権について、どこよりもわかりやすく解説します!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP