東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

ひかり電話に番号ポータビリティは可能? | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

IP電話

2016-01-20(水)16:52 更新

ひかり電話に番号ポータビリティは可能?

ひかり電話に番号ポータビリティは可能?

ひかり電話に番号ポータビリティは可能?

IP電話のジャンルでも、ひかり電話は新しいサービスなので、どういったものか知らない人がいるかもしれませんね。特に気になるのは、アナログの固定電話で使っていた番号がそのまま使えるのかどうかではないでしょうか。実は、使えるのです。

固定電話の番号ポータビリティとは?

近年はめっきり電話加入権が必要なアナログの固定電話を持っている人が減りましたね。もちろん、その要因は携帯電話やスマホの普及によるものというのは誰の目にも明らかでしょう。

実際、お客様からも最近は携帯電話があるから固定電話は使わないといった声をよく耳にします。ただ、ひとり暮らしの人なら特に固定電話の必要性は感じないかもしれませんが、家族で暮らしている場合は、固定電話を使っている世帯はまだたくさんあります。

そんな世帯でも、最近では光ファイバー回線を利用した電話に切り替えることを検討している人も少なくありません。ただ、二の足を踏む理由として、今まで使っていたアナログの固定電話の番号が変わってしまうのではないかということです。

実際、そういった不安を口にされるお客様もかなりいますよ。そこで説明させていただくのが、番号ポータビリティです。

これは、契約している電話会社を変更しても、電話番号は変更せず継続して利用できる仕組みのことを指します。携帯電話のキャリアを変える時に、よくこの番号ポータビリティの話題が出ましたから、ご存知の人も多いと思います。

実はこれ、固定電話にもとても関係があるのです。

電話加入権があれば可能

アナログの固定電話では、電話加入権が必要になりますよね。電話加入権は、NTT東日本/西日本がアナログ回線を敷設するための「施設設置負担金」を受ける際、優先的に電話が引ける権利として、ひとつの資産扱いをされていたものです。

ただ、電話加入権を必要としない電話サービスが他社から登場し、その資産価値は薄れつつあると思われています。

でも、この電話加入権と番号ポータビリティが固定電話の際はとても密接な関係にあります。なぜなら電話加入権がないと、固定電話の番号ポータビリティはできないからです。NTT東日本/西日本が管理している番号でないと番号の移行ができないことになっているのです。

つまり、NTT東日本/西日本のアナログ電話を使用した経緯があるかどうかが重要になるのです。そういうわけで、ひかり電話に乗り換えようと考えているなら、電話加入権があるかどうかを確認しましょう。

もし、必要なら電話加入権を取得して固定電話の番号を保持することも考えなければなりませんね。

\この記事を読んだ方におすすめ!/

安く・おトクに電話を使いたい!損してませんか?回線料金比較をチェック!
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP