東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

電話加入権って必要なの? | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

加入権について

2016-05-20(金)11:34 更新

電話加入権って必要なの?

電話加入権って必要なの?


スマホがあれば、自宅に固定電話を設置する必要はないという声が増えてきました。

それに伴い、電話加入権の必要性について疑問視されることが増えました。ここで改めて電話加入権の必要性について考えてみましょう。

高い電話加入権を購入するメリットは少ない

近年は、NTT東日本/西日本のアナログ固定電話以外にも多くの通信手段がありますよね。

特に携帯電話やスマートフォンの普及は驚異的で、今やひとり1台は当たり前の時代になってきました。このために、NTT東日本/西日本のアナログ固定電話を引くための電話加入権(施設設置負担金)の価値がとても下がっていることを意味します。

考えてみれば、このブログでも再三ご説明してきた通り、インターネット接続を利用したIP電話やひかり電話などの回線に電話加入権は必要がありません。

そして、月額利用料や通信費も安めの設定がされていますよね。
そして、電話加入権を支払ってアナログの固定電話を導入したところで、他に何のメリットがあるのかと聞かれても、特に何があるというわけではないのです。

確かに、以前は電話加入権を財産として扱うことができたため(厳密には今でも財産なのですが、価値がないに等しくなりました)、持っていると担保としてお金を借り入れすることもできたのですが、残念ながら今はできなくなっています。

つまり、電話加入権を持っている意味がなくなってしまったと考える人が増えてきました。NTT東日本/西日本のアナログ固定電話から、ひかり電話やIP電話へ乗り換える人も増えました。

アナログ固定電話の電話加入権を休止したり、譲渡したりするために費用が必要ですし、これもやむを得ないことなのかもしれません。

NTTも「ひかり電話」への乗り換えを勧めている

さらに、NTT東日本/西日本自体、ひかり電話への乗り換えを積極的に勧めています。
ひかり電話へ乗り換えたら受けられるキャンペーンを展開し、例えばキャッシュバックなどの特典を受けることができたりします。

つまり、今後NTT東日本/西日本の電話加入権はますます存在価値が薄くなっていくことは予想できます。

ただし、アナログの固定電話自体が無価値になるのかというと、そういうわけでもありません。その理由は、このコラムでもご説明してきたとおりですが、特に大きな災害などで連絡手段としてアナログ固定電話は今でも価値が高いのです。

ご利用状況別のおトクな固定電話プランのご紹介はこちら>
電話回線プランの料金軸での比較表はこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

必要ですか?その加入権 加入権不要のおトクな固定電話はこちら
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP