東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

NTTの加入電話について考える(1) | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

業界最安値に挑戦 業界トップクラスの販売実績22万社!

  • お電話
    24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お見積り
    スピードお見積もり

加入権について

2016-05-23(月)15:42 更新

NTTの加入電話について考える(1)

NTTの加入電話について考える(1)


そもそも、こういったサイトを運営しているため、電話加入権が必要なNTT東日本/西日本の加入電話については理解されていることを前提としてお話を進めています。

ここで一度基本に戻って、加入電話とは何かをご説明していきます。

加入電話のメリット・デメリット

NTT東日本/西日本のアナログ固定電話(加入電話)は、従来からあるアナログ電話の通信網を利用した電話回線で、もっとも標準的な回線です。

NTT東日本/西日本のアナログ固定電話は昔からあり、NTT東日本/西日本と契約を結んでアナログ電話回線を繋ぐことで通話することができます。その契約には、電話加入権(施設設置負担金)を購入する必要があります。

従来、アナログの固定電話を利用するには、この電話加入権が必須だったわけですが、現在では必要のないプランもあったり、IP電話やひかり電話の登場などで、この電話加入権は格安、または購入することなく、アナログの固定電話を繋いでくれる業者も存在します。

この加入電話を引くメリットとしては、激甚災害時にはもっとも安心できる回線であることが挙げられます。

また、当たり前のことですが、すべての電話番号へかけることができるのもメリットです。反面、他の電話サービスに比べて利用料が高めなのがデメリットなのかもしれません。

プランもいくつかある加入電話

NTT東日本/西日本の加入電話には、アナログ回線の事務用と住宅用、そして、それぞれにライトプランが設定されています。

また、別にデジタル回線である「INSネット64」という回線があります。

このINSネット64に関しても、やはり事務用と住宅用があり、それぞれにライトプランというものが設定されています。アナログ回線は同時通話が1回線のみ可能となっており、一般には家庭向きであると言われています。

これに対し、INSネット64は同時に2通話まで使えます。簡単に言うと、1つの電話番号で2つの回線が存在するということなのです。こういった特徴があるため、1つを電話として、もう1つをFAX(あるいはISDNのインターネット回線)として活用するビジネス向きと言えるかもしれませんね。

ちなみに、上記のうちライトプランというのは電話加入権が必要ないプランになります。そのぶん、月額の利用料金が高めに設定されているという特徴があります。

ただし、上記のように最近では電話加入権を無料で設定をする業者もあります。そのためライトプランを選ぶメリットは大きくありません。ここで気をつけていただきたいのは、無料で設定することによる電話加入権の権利問題でトラブルが起こる可能性もなくはないということです。

以前の電話加入権の権利者の名義がそのまま残っているとか、そういったケースです。電話加入権に関しては、信頼のおける電話加入権ドットコムにご相談いただければ安心です。

電話回線プランの料金軸での比較表はこちら>
電話加入権ドットコムへの無料のお見積・お問合わせはこちら>

\この記事を読んだ方におすすめ!/

必要ですか?その加入権 加入権不要のおトクな固定電話はこちら
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP