東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

今だからこそ電話加入権を購入しよう | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

加入権について

2018-04-17(火)16:37 更新

今だからこそ電話加入権を購入しよう

今だからこそ電話加入権を購入しよう


一人暮らしや結婚などで世帯を持ったご家庭などでは、固定電話はもう必要ないという風潮になりつつあるようです。携帯電話やスマホがあれば必要ないと思っている人も多いかもしれませんが、それは間違いです。ここでは、固定電話を設置するために電話加入権を手に入れる方法をご説明します。

NTTから電話加入権を購入してはいけない理由

結婚や進学、就職などで新たに世帯を持つという方にとって、家に固定電話を設置するかどうか悩むことが多いようです。現在ではスマートフォンや携帯電話が広く普及しており、わざわざ固定電話を自宅に設置するのはムダと考える風潮があるようです。

ただ、現在でも固定電話の有無が社会的な信用に関わるのは相変わらずなようです。たとえば子どもが学校で連絡網を作る際、連絡先が携帯電話の番号では許可されないということもあるのです。

また、一部のクレジットカード・信販会社でも、やはり連絡先を携帯電話の番号にしたら審査が通らないといった状況は続いているのです。

ふだんあまり使わないとしても、やはり一家に1台固定電話を設置しておいたほうが、何かと便利なのは間違いありません。ただし固定電話を設置するためには、アナログの電話回線の場合は電話加入権というものが必要となります。

電話加入権はNTT東日本/西日本が「施設設置負担金」として利用者からお金を徴収する代わりに、電話回線を引く権利を付与するというものです。この電話加入権は、かつては72,000円(税別)という高価な金額で、財産として取り扱われていました。

現在では半額の36,000円(税別)に値下げされていますが、それでも安くはない価格ですよね。しかもNTT東日本/西日本から購入した電話加入権は、不要になってもNTTが買い取ってくれるわけではありません。つまり解約したら電話加入権に支払ったお金はムダになってしまうのです。そんなムダなお金をNTTに支払う必要はありませんよね。どうしたらいいのでしょうか。

インターネットの販売業者を選ぶ

電話加入権がなくても固定電話の回線を引くことは可能です。NTT東日本/西日本でサービスを提供している「加入電話ライト」プランを契約すればよいのです。

これは固定電話を設置する際に必要な電話加入権が要らない代わりに、月額の利用料金に上乗せするプランです。短期間の設置なら、この「加入電話ライト」でも問題ありませんが、固定電話を常設するなら最終的には料金を多く払うことになります。
そこで検討していただきたいのが、電話加入権を販売するインターネットの業者を探すということです。

電話加入権は、中古市場で取引が行われていて、現在では数千円程度で購入が可能です。しかも不要となった電話加入権の買い取りも行っています。
中古の電話加入権ということに不安を持たれる方もいるかも知れませんが、あくまで電話加入権とは「権利」なので、中古品が劣化するということはありません。

アナログの固定電話を自宅に設置するなら、電話加入権が必要となります。ただNTT東日本/西日本で購入すると36,000円の施設設置負担金が必要となり、しかものちに買い取りもしてくれないので損をするだけです。
つまり固定電話が必要なら、電話加入権をインターネットの販売業者から購入して、不要になれば買い取ってもらうという利用方法がもっとも賢い選択ということになります。

\この記事を読んだ方におすすめ!/

必要ですか?その加入権 加入権不要のおトクな固定電話はこちら
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP