東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

会社の移転時の電話設置トラブル | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

電話引越し

2014-10-30(木)15:49 更新

会社の移転時の電話設置トラブル

会社の移転時の電話設置トラブル

事務所移転が決まったら、新しい事務所へ移転するための準備が必要になってきます。中でも、電話設置は欠かせないもの。事前準備は何をしたらいいのか、移転先のオフィスではどのような工事が必要になってくるのか、インターネット回線も併せて導入することはできるのか、電話機の移設工事にかかる費用は? など、心配事は尽きないことでしょう。

そこで、会社の移転時に起こり得る電話設置トラブル例をチェックして、実際の対応に活かしてみてください。
会社移転時の電話設置トラブル

電話の移転におけるトラブルや失敗事例

事務所を移転する場合、新しい事務所には新たに電話開通工事を行う必要があります。そんなとき、どのようなトラブルが生じるのでしょうか。次のような失敗やトラブル例を知っておき、事前に回避できるようにしましょう。

電話機やインターネット回線の手配が遅れ、移転後しばらく営業できず…

事務所移転の際に、電話機工事やLAN工事をするとはいっても、当然事前に電話回線やインターネット回線の手配が必要になってきます。もし手配が遅れてしまうと、事務所に引っ越した後、しばらく経ってからでないと電話やインターネットが使えないという状況にもなりかねません。営業を一日でも休止させないためにも、2週間ほどの余裕を持って手配しておきましょう。
固定電話の回線とインターネットの同時手配プランはこちら>

電話回線の移転時のトラブル…書類がたくさん!

新しい事務所で、新しい番号に変わるということはよくあります。その際、書類が複数必要になることもあります。そんなときに電話番号の記載誤りなどのケアレスミスで、当日電話が通じないといった失敗もあるようです。
誤った電話番号を記載した、手続きの書類や、社外に告知する案内状や会社案内などもすべて作り変えなくてはならないとなれば、さらに大損害になってしまいます。どうしても忙しくて手間取ってしまうという場合には、手配のプロに依頼するなどして対処したいところです。

設置する電話機が拡張できないことが工事中に発覚した

ビジネスフォンは種類によって拡張できるものとできないものがあります。事業拡大のために、移転先で電話機の台数を増やしたいというのはよくある話ですが、拡張できない電話機では意味がありません。新しいビジネスフォンを手配するなどして対応しましょう。

トラブルを回避するためには、事前に準備を怠らないことが大事ですが、どうしても手に負えない場合には、手配のプロに任せるというほうが結果的に効率的ということもあるので、検討してみてください。
事務所(オフィス)での電話の使い方のご紹介>
 

電話回線の料金比較はこちら

\この記事を読んだ方におすすめ!/

移転は電話コストを下げるチャンス!!急ぎも丸投げもOKな電話回線はこちら
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP