東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

電話設置をするときに知っておくべきこととは | 電話回線、固定電話のことなら電話加入権ドットコム

電話加入権ドットコム

電話設置

2018-06-07(木)10:01 更新

電話設置をするときに知っておくべきこととは


携帯電話を持っていれば生活に支障がない世の中ですが、クレジットカードを作ったり銀行に融資を申し込んだり求職活動をしたり…
社会人として信用されるためには、やはり固定電話がないと難しいのが現実です。

また、会社から固定電話を設置するように指示されることだってあります。

そんな、まだまだ必要な固定電話ですから、設置を検討している方は多いことでしょう。
しかし、無知なまま固定電話を設置してしまうと、後で”ああすれば良かった…”と後悔してしまうかもしれません。

取返しがつかなくなってから後悔しないように、固定電話設置に関する知っておくべきことをあれこれ紹介していきたいと思います。

固定電話の工事内容

NTTの一般加入電話

地域ごとに交換機が設置されており、経由するごとに通話料金が上がっていくシステムです。
その、張り巡らされた電話網から、引込線によって各家庭に電話はひきます。

NTTの固定電話は
電話網 → 引込線 → 保安器 → 屋内配線 → さしこみ口 → 電話機
という順番で通話ができるようになっています。

電話線が設置されていない家の場合には、上記の足りないところを繋げる工事が必要になるのです。

IP電話

IP電話はインターネット(ブロードバンド)回線を使います。
インターネット回線 → 引込線 → ケーブルモデム → ターミナルアダプタ → 電話機
工事は状況によりますが1、2時間です。

ひかり電話は光ケーブルを使います。
仕組みは以下のようです。

最寄りの光ケーブル → 引込線 →ケーブルの引留め → ケーブルの保護 → ケーブルの固定
→ 家の中に引込む(エアコンのダクト・電話線の配管・新規に壁に穴あけなどの工事例)
→ 光コンセント → ルーター(ONU) → 電話機
という順番です。

工事は2時間程度で済むようです。

※ひかり電話はNTTなどの電話会社が提供しているIP電話です。プロバイダーが提供するIP電話との大きな違いは、110、119、フリーダイヤルなどの電話番号が使えることです。

固定電話の設置工事費用

新規

新規の場合は、「施設設置負担金」が36,000円(税抜)が必要なので、基本的な電話設置の工事費は無料になります。
他に契約料が800円(税抜)かかります。

ライトプランや中古の電話加入権

設置工事費の計算方法は、
基本工事費 + 交換機等工事費 + 屋内配線工事費 + 機器工事費
となります。

家の中の工事が必要なく、基本の工事費で済んでしまう場合は、基本工事費の2,000円(税抜)で済みますし、交換機の工事が必要であっても、交換機等工事費1,000円(税抜)を足して3,000円(税抜)です。

家の中の工事が必要ならば、工事費が最低でも4,500円かかるので基本工事費の2,000円(税抜)を足すと6,500円(税抜)かかりますし、その家庭に必要な機器(ホームテレホン、ビジネスホン、ファクシミリ等)は何かによって設置料金は違います。

基本工事費 交換機等工事費 屋内配線工事費 機器工事費
2,000円 1,000円※

IP電話

インターネットを契約するときにいろんな工事は必要になります。
同じプロバイダーでIP電話を設置する場合、簡単な工事で済みますが契約者の状況により工事内容と工事費用は変わります。

また、プロバイダーによっては加入するとIP電話の基本料金だけでなく、工事費用も無料や大幅割引のキャンペーンをしているところも多くあります。

工事費用がかかる例を挙げると、NTTの固定電話から番号を変えない番号ポータビリティで2,000円前後、交換機等工事費1,000円前後、トータルで3,000円前後かかるようです。

番号ポータビリティ 交換機等工事費
2,000円 1,000円※

ひかり電話

平均すると3,000円前後ですが、今まで加入していた電話を休止してひかり電話にする場合は、利用休止工事費プラス1,000円(税抜)必要です。

その他、料金でお悩みの方へ、電話加入権ドットコムが電話回線の月額基本料金や通話料金を比べてみました。
お客様の利用する方法によって、お安くご利用して頂くプランが異なります。まずはどのプランがお得に利用できるか是非お問い合わせ下さい。

電話回線の月額基本料金や通話料金を比較!

電話加入権は買ったほうが得か借りたほうが得か

電話加入権を持っている方と借りる方(ライトプラン)の毎月の基本料金の違いは250円(税抜)です。
ひと月の料金に大きな違いはないかもしれません。

しかし、1年だと3,000円(税抜)の違いになります。
3,000円あれば中古の電話加入権を購入することができます。
となると、1年以上使う固定電話なら、金券ショップなどで中古の電話加入権を購入した方が得だということです。

電話加入権は後からでも契約できます。
はじめは必要ないと思ってライトプランで契約しても、あとから電話加入権を購入して基本料金を安くすることもできます。
長い目で見て電話加入権を購入したほうが良いと思ったら、どんどん料金を見直して毎月の通話料金を少しでも安く抑えましょう。

今後、電話加入権がなくなる可能性

全国に電話網が完成し、家を継ぐ人がどんどんいなくなり、携帯電話が普及した現代では、電話加入権は余っている状態です。
そのため、近い将来には電話加入権が値下げされることも考えられます。

2005年に一気に半額に値下げされたことを考えると、もしかすると次の料金改定では0円ということも考えられます。
そうなると、ライトプランの基本料金も一般の加入電話と同じになるでしょう。

当社の電話加入権不要プランはこちら>

こちらの記事も参考にしてみてください

店舗の電話設置のコツ

独立開業時に知っておきたい電話設置の豆知識

電話設置のポイント~中規模オフィス篇

会社の移転時の電話設置トラブル

すぐに電話設置したい! 何にこだわればいい?

電話とインターネットを同時に設置する方法とは?

施設設置負担金不要のサービスまとめ

ビジネスフォンの設置 その配線方法 とは?

\この記事を読んだ方におすすめ!/

電話を使えるようにするには?知らないと損をする!?早くて安い固定電話
電話をすぐ使いたい!そんな方は今すぐご連絡下さい!今すぐカンタンお見積り・お問い合わせ
  • 24時間受付・全国対応・携帯からOK
  • お問い合わせ
    お問い合わせ

ページTOP